外部刺激応答性光機能を兼ね備えた「熱活性化遅延蛍光(TADF)材料」の開発

武田 洋平
(大阪大学 大学院工学研究科 准教授)

2017年8月15日火曜日

白色発光。

みなさま

相変わらず暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

最新の研究成果が論文に掲載されましたが、つかの間の夏休みでようやくブログを書く時間ができたので、以下、簡単にご紹介を。

内容としては、以前から我々が英国ダラム大学と国際共同研究で開発してきた橙〜赤色発光を示すTADF材料を、同じくダラム大学化学科のBryce教授らのチームで開発された青と緑発光を示すTADF材料をそれぞれドーパントとして発光層に用いると、発光材料としてTADF材料のみを用いた白色発光有機ELデバイスが開発できました、というものです。TADF材料を用いる利点としては、既存の蛍光材料を用いた場合よりも高い外部量子効率が見込めること、我々が開発している電荷移動型発光を示すTADF材料は幅広い発光スペクトルを示すので、可視光の広い領域をカバーして白色発光を示すには適しているということなどが挙げられます。今回の白色発光デバイスの特徴としては、ロールオフが低いという点もあります。お互いが良い材料を持ち寄ることで実現した国際共同研究と言えるでしょう。

掲載論文:Scientific Reports(オープンアクセスですので、どなたでもご覧になれます)
https://www.nature.com/articles/s41598-017-06568-3

今回はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿