外部刺激応答性光機能を兼ね備えた「熱活性化遅延蛍光(TADF)材料」の開発

武田 洋平
(大阪大学 大学院工学研究科 准教授)

2016年9月13日火曜日

やさしい科学技術セミナー

 先日、やさしい科学技術セミナーを開催させていただきましたので、簡単なご報告を。

 今回のセミナー、川西高校と宝塚北高校の生徒さん28名に大阪大学工学部へお越しいただき、座学75分+実験2.5時間を体験していただきました。
 
 タイトルは、「いろいろな刺激で光を色鮮やかに変化させる有機分子の世界 〜未来の光材料デザイナーたちへ〜」。正直格好つけすぎました。。。しかし、あくまで今回のセミナーを開催するにあたっての個人的な目標は、今後将来を担う高校生が夢を持つきっかけにしてもらうことだったので、敢えて周りの目は気にせず、このようなタイトルにさせていただきました。

 
 座学の部では、身の回りにある発光体の簡単な原理から応用例、そして今後どういった方向へ発展しうるのか、そのあたりを中心にお話させていただきました。75分というと、大学の授業1コマ(90分)近くですが、多くの生徒さんがメモなどをしっかりとり、聞き入ってくれていたのは非常に印象的でした。なかでも、今回の目玉実験の一つでもあった「サソリの青色蛍光分子を自分の手で作ろう」という話題に会場全体が食いついていただけたことは、準備した甲斐があったというものです。実は、サソリの甲殻には、ある蛍光分子が含まれており、ブラックライトで照らすと、青〜緑色に発光するのです。今回セミナーを手伝ってくれた大学院生のお兄さん達も知らなかったような、身近な科学トリビアです。そして、幸いにもこの蛍光分子、簡単に手に入る薬品を混ぜて、魔法の粉(触媒)を振りかけ、加熱するだけでできてしまうのです!しかも、その蛍光分子は、pHに応答して発光挙動(色や強度)が大きく変化するのです。有機合成化学実験と発光物質の観察を同時にできてしまうこんな美味しい題材があるものか、と最初に文献を見つけた時は感動したものです。
 
 話を戻しますと、今回参加してもらいました生徒さんの目の輝きは特別でした。引率された先生にお話を聞きましたところ、高校では当然有機合成実験などしたことないし、外部刺激で発光色が変化するようなものも扱ったこともない、とのことでしたので、当初の目的のように、有機化学や光科学に興味を抱いてもらえるきっかけになったのではないかな、と感じました。

 
 本セミナーを開催するにあたって、当初、有機合成実験を一度も経験したことのない生徒さん数十名が一度に実験することに若干不安は感じていました。しかし、安全性を第一に考慮した実験項を何度も試行錯誤練り直したことと、丁寧かつ分かり易い説明をしてくれた大学院生のTAさんのお陰で、全てのグループが無事サソリの蛍光物質の合成に成功しました。

 本セミナーでは、他にも、「擦ったり、溶媒蒸気に晒す」と発光色が変化する物質を使った観察実験も実施しております。本ブログをお読みになって、本セミナー内容にご興味を持たれた方はぜひ、youtubeで公開されています動画を視聴してみてください。

動画「いろいろな刺激で光を色鮮やかに変化させる有機分子の世界 〜未来の光材料デザイナーたちへ〜(youtube)」https://www.youtube.com/watch?v=qaCmkyreMn4&feature=youtu.be

 最後になりましたが、本セミナーを開催するにあたって、国際科学技術財団広報の小倉様には準備段階から色々とご助言賜りました。この場を借りて再度、御礼申し上げます。




0 件のコメント:

コメントを投稿